Home > News

News

2015年6月22日

月刊 グリーンベルト7月号【環境・省エネ特集】に掲載されました。


 換気活用で空気環境改善!
 快適な遊技空間を実現

  換気自動制御システム『NOAH』(ノア)

モニター画面


「弊社ではスタッフが様々なお客様の声を聞いて、それを集計して改善に繋げていこうという取り組みを行っているのですが、一番多かった声が『空気が悪い』『たばこが煙い』『たばこの煙をなんとかしてくれ』という意見で、それが毎日毎日挙がってくるようになったんです。こうした現状をどうにか改善しないといけないと思い、業界誌や関連企業様の話を聞いているうちにNOAHシステムの存在を知り、導入することを決めました」

と話すのはHAPS東寺山店の峰元勇作ストアマネジャー。同店ではお客様の声に耳を傾け、喫煙者・禁煙者のどちらにも快適な空気の遊技空間を提供するため2013年末、ホール向け換気自動制御システム『NOAH』を導入した。

同システムは「換気」を効果的に活用し、IAQセンサで空気環境を監視。環境が悪化した時だけ換気風量を自動制御で増大させる。汚れた空気を排出し、新鮮な外気を取り込むことで、環境悪化の原因となるたばこの煙・臭いを排除することができる。空気清浄機と組み合わせることでさらに効果を高めるというもの。

「導入後のお客様の声は、導入以前と比べて目に見えて変化しました。お客様の声を収集していく中で、『煙い』とか『空気が悪い』といった声がほとんど挙がってこなくなりました。最近のパチンコ店はトイレを始め綺麗であることが当たり前なので平均点以上は取っておく必要があります。店内の空気が汚れていることは不満足要因になる可能性があり、それが理由でお客様が離れていくこともあり得ます。だからNOAHシステム導入によって空気環境が改善されたことは店にとって大きなプラスでした。」(峰元ストアマネジャー)。

また、同店は5km圏内に1000台規模の店舗が複数あり、ここ3〜4年で総設置台数が約4000台増えたという激戦地域。その中で差別化を図るため、「設置機器に関してはここ数年徐々に新しいものに入れ替え、他店舗に追いついてきたかなという印象です。空気環境を含めて『なんとなく居心地のいいお店』を目指しています。設置台数やその他の付帯設備などでは大型店舗にかないませんので、弊社ではなるべくお客様の不満足要因を排除していくようにしています。そして足元商圏に特化して、繰り返し来て頂くことでお客様をどんどん増やしていきたいと思います」と意気込みを語った。

峰元勇作ストアマネジャー
導入したきっかけ、導入後の
効果を語ってくれた峰元勇作
ストアマネジャー。

換気口
店内の天井を通っている換気口(吸込口)は黒塗りで
店の内観を損なわない。

※「月刊 グリーンベルト7月号【環境・省エネ特集】」に掲載

一覧に戻る