Home > 分煙対策とは

分煙対策とは

喫煙者と非喫煙者それぞれのためにオフィスやアミューズメント施設の喫煙対策・分煙対策を考えてみては如何でしょうか?

分煙対策について

健康増進法が新たに施行!

平成15年5月から施行された健康増進法(国民の健康増進を推進するための法律)のため、不特定多数の人々が利用する施設等の管理者は、受動喫煙の防止に努めなければならない、という規定が整備されています。これは、たくさんの人々が利用する様々な場所を、その管理者は国の定めに従って、受動喫煙を妨げる喫煙環境の確保への責任と、そのための措置の努力を義務づけられているということなのです。

タバコの職場環境におよぼす影響

タバコの煙は、喫煙者が吸い込む「主流煙」・喫煙者の吐き出す「呼流煙」・手に持ったり、灰皿に置いたタバコから立ち上がる「副流煙」という3つの煙に分けられます。タバコを吸わなくても周囲の人のタバコの副流煙や呼流煙(環境下でのタバコ煙)を吸うことによって、気づかないうちに吸っているのと同じような影響を受けてしまいます。これを「受動喫煙(間接喫煙)」といいますが、非喫煙者が「受動喫煙しない権利」を「嫌煙権」というようになりました。

タバコが燃えて出る「煙」には、4,000種類以上もの化学物質が含まれているといわれ、この中で発癌性が確認されている物質だけでも200種類以上あります。いずれもエアロゾル(液滴)の形状をなす「粒子相」と気体からなる「気相」に分けられます。これらの各種有害物質の発生は主流煙より副流煙の方が多く、主流煙は酸性ですが、副流煙はアルカリ性で、目や鼻の粘膜を刺激し目がチクチクしたり、くしゃみが出たりします。

〔参考〕紙巻タバコの副流煙に含まれる主な物質(主流煙を1とした場合)

有害物質 比率
タール 3.4倍
ニコチン 2.8倍
アンモニア 46.0倍
一酸化炭素 4.7倍

受動喫煙を防止する為の国の報告・指導

厚生労働省の「公共の場所における分煙のあり方検討会報告書」や「職場における喫煙対策のためのガイドライン」等でも、タバコ煙による健康影響や不快感を低減する為に、分煙機器あるいは喫煙対策機器といわれる空気清浄機能を持った機器の積極的な活用が望まれています。

分煙評価基準とは

「分煙評価基準」とは厚生労働省による判定基準で、その喫煙空間が健康増進法が示す適切な分煙空間であるかどうかを評価するものです。これをクリアしないと、適切な分煙スペースと呼ぶことはできません。

分煙評価基準〜分煙効果判定基準(厚生労働省)

  • 非喫煙場所から喫煙場所に向って毎秒0.2m以上の空気の流れがあること。
  • 喫煙場所で、時間平均浮遊粉じん濃度が1m3あたり0.15mg以下に保たれていること。
  • 喫煙場所で、一酸化炭素濃度が10ppm以下に保たれていること。

エアクリーナの選定

空気清浄機には、天井に吊下げるタイプや、埋込むタイプ、壁掛タイプ、床置タイプ、分煙カウンタ、各種空調機に接続(ドッキング)するタ イプ等さまざまな製品があります。また、先進の技術を応用した臭いも同時に脱臭できるタイプも用意しております。設置の目的や設置場所の条件によって、空 気清浄機の性能は大きく影響を受けます。目的にあった最適な機種選定からシステムのご提案をいたしますので、最寄りの(株)J.G.コーポレーション(本 社、各営業所)にお申しつけください。

お問い合わせはこちら ファン内蔵形 スカイフレッシュ 分煙システム

J.G.C の分煙トータルソリューション

あなたにもう一度見直してほしい。新たな「喫煙」に対する考え方。

空気環境を考えた粉じん除去&換気
タバコに含まれるガス成分と粉じん成分に対する分煙評価基準を満足させるための必要換気量の比率は、およそ1:22※。ガス成分は、換気装置で排気。 粉じん成分には、電子式エアクリーナが大きな効果を発揮します。
〈※:HASS102 タバコに対する基本必要換気量より弊社試算〉
換気機能付エアクリーナならワンユニットで最適な粉じん処理と換気を実現します。
最適設備で省エネ&省ランニングコスト
換気装置のみで分煙に対応した場合は、非常に大きな換気量が必要になりますが、山武の換気機能付エアクリーナなら、必要最低限の換気量にて分煙に対応できるので、 換気により発生する空調負荷に大きな差が出ます。
換気により必要となる空調負荷の差
<例:40u×高さ2.5mの部屋>
<※:必要換気風量=導入外気風量としての空調負荷(弊社試算値)>

換気機能付エアクリーナ
からの排気

換気装置による排気

換気装置と分煙機器との組み合わせもご提案!

インテリジェンスなパーテイションで
分煙エリアをクリエイト

パーティションで仕切る
受動喫煙を防ぐためにはパーティションなどで完全に喫煙・非喫煙空間を遮断することが大切です。
パーティション
入退室用の扉はガラリをつけて空気を取込みます

「健康増進法」を考えた分煙空間の提案。しかも、省エネまでを実現した。分煙トータルソリューション